FXのみならず投資においてはロスカット(損切り)を学ぶべし

今回は損切り(ロスカット)についてです。

簡単に言ってしまえば、
損切り(ロスカット)するポイントは

  • トレンド相場はトレンドが崩れた時
  • レンジ相場はレンジが崩れた時

ということになりますね。

慣れないうちはなかなか
出来ないのが損切り(ロスカット)です。
当然と言えば当然ですよね。

自分で損をすることが
わかっていながら、
それを決定するというのは
人間の心理からして
意に反する行為そのものです。

でもこれが出来ないことには
利益を増やすことは出来ないと
言っても良いでしょう。

投資をしたことがある方は
経験していると思いますが、
怖くて損切り出来ない、
心臓がバクバクして
思考が停止してしまう、
このような状況に陥るのは
トレードしているロット数が
自分にとって大き過ぎるからです。

少しぐらい含み損が増えても
何とも思わないぐらいに
ロット数を落としましょう。

そして、訓練する。慣れる。
これしかありません。

投資というものは、
グラフにすれば一直線に
右肩上がりで伸びていく
ことはなく、
常に上下動を繰り返しながら
上昇しくていくものです。

つまり勝ったり、
負けたりしながら
資産が増えていく
ことになります。

それがわかっていれば、
損切り(ロスカット)を
行うのは、必然でも
あるわけです。

上手に損切り(ロスカット)
できるように訓練しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする